• TEL:06-6743-6033
  • TEL:06-6743-6033

スタッフ紹介

川上 直紀

職種

代表社員、管理者、看護師

メッセージ

私は約20年間の精神科病院勤務を経て、地域で生活している患者様の役に立ちたいという思いで2016年(平成28年)に雨にもまけず訪問看護ステーションを開設いたしました。

「雨にもまけず訪問看護ステーション」は宮沢賢治の「雨ニモマケズ」より命名いたしました。賢治は生前、「この世の全ての苦しみや悲しみが無くならない限り、私の幸せはない」という徹底的な利他主義で社会貢献された方です。雨ニモマケズの詩の内容は、精神科訪問看護師の理想の在り方だと考えています。

私たち雨にもまけず訪問看護ステーションも、利用者様の苦しみや悲しみに寄り添っていきたいと考えています。

山下 淳子

職種

管理者、助産師、看護師

メッセージ

私は約20年間助産師として母子のケアに携わってきました。その関わりの中で、病院(施設)では笑顔で一見幸せそうに見えていた患者様が、退院後の健診時、慣れない生活で疲れたのか、一気に涙を流しながら多くの不安を訴える場面に何度も会いました。

「電話をして聞くほどでもない。」
「外に出て病院へ行く気になれなかった。」

そんな思いの中一人耐えている方が多くいました。このような経験を通し、「在宅ケアの重要性」を日々感じていました。対象が健康体の女性である産科と、心に障害(トラブル)を抱えるメンタル科受診中の方へのケアには大きな違いがあるのかも知れません。ただ、ご自宅での生活を基盤とする在宅ケアの大切さには変わりは無いという思いがあります。

ご縁あって訪問看護師が活躍する当ステーションで精神看護に携わることになりました。目に見えない「心」のケアは、何が正解なのか分かりづらく難しい点が多くあります。その中でも一人で悩み心を痛めている人が少しでも前進できるように、また利用者様ご本人が本来の自分らしさを感じながら毎日の生活を送っていけるように訪問看護ケアを通じサポートしていきたいと思っています。

松浦 香織

職種

看護師

メッセージ

私は約15年間精神科病院で勤務してきました。
精神科の患者様は入退院を繰り返す方が多く、関わりの中で退院後の生活に不安や問題を抱えている方が多いと気づきました。
そのため地域で生活する利用者様の不安や問題に寄り添い一緒に考え、少しでも負担を軽減出来るように訪問看護で関わっていけたらと思います。

秋山 明日香

職種

看護師

メッセージ

私はこれまで内科・外科病棟、精神科病棟で勤務してきました。
そのなかで共通して感じたことはメンタルケアの重要性です。
退院される患者様のなかには退院後の生活に不安を抱えている方も多く、再入院を繰り返すケースを目の当たりにしてきました。
精神科訪問看護に携わるきっかけとなったのは、患者様が地域で安心して生活できるようサポートしたいという思いからです。 利用者様が利用者様らしく、希望をもって生活でき、心の安定につながるケアを提供していきたいと思っています。

看護師A

職種

看護師

メッセージ

準備中です。しばらくお待ちください。

看護師B

職種

看護師

メッセージ

準備中です。しばらくお待ちください。

看護師C

職種

看護師

メッセージ

準備中です。しばらくお待ちください。